内藤まろさんと言えば、あの女優の永作博美さんとご結婚されている早稲田大学卒の、現在映像作家、文筆家、イラストレーターと誠に多方面で活躍されている注目のマルチクリエーターです。
あのウィキペディアにも、これまで彼が手掛けてきた数々の仕事の実績が紹介されていますが、特に携わってきた広告に関しては月桂冠、江崎グリコ、NOVA、TBSラジオ、トヨタ自動車、アサヒ飲料、東亞合成、コカ・コーラ、日産自動車と誰もが知ってる一流企業ばかりなので、いかに広告業界において彼の才能が高く評価されているのかが簡単に見て取れます。
そんな彼が手掛けてきた数々の広告の中でも、個人的に最も印象深いのは日産自動車のイチロニッサンキャンペーンだったりします。
このCMが最も頻繁に流されていたのは阪神大震災直後の1995年の秋に開催された、オリックス対ヤクルトの日本シリーズの頃であり、特にオリックスファンでない人まで被災地復興のシンボル的な存在であったブルーウェーブの勝利を願い、オリックスを日本中が応援していたものです。
そんな試合の合間にバンバン流れていたCMを手掛けていたのが若き日の内藤まろさんだった訳ですから、本当に長きに亘って日本の広告業界を彼がリードしてきたんだなと、改めて実感させられます。