地震の多い日本では、建物を建てるときに何より耐震性というものを重視しますが、兼六ホームでは従来の耐震等級2から耐震等級3へとより高いレベルをクリアできる耐震性を確保しています。
法的には耐震等級2でも良いのですが、やはりよりお客様に安心してもらえるように配慮されている模様です。
強化は主に耐力壁の増量や基礎の補強などになります。
また、100年に1度の地震に対応するだけでなく、常時家の耐久性を蝕む湿気の排除にも力を入れています。
湿気は木材を腐らせたりシロアリを発生させたりするので、なかなかバカに出来ない重要なポイントです。
兼六ホームではこの湿気を排除する為に、湿気のこもりやすい外壁と内壁の中間層の通気を良くして、自然に湿気が外へ排出されるような仕組みを採用しています。
これにより結露の発生にも対処できますし、室内に影響を与えず、また長年安心して住み続けられる住宅を作ることが可能です。
また、兼六ホームでは耐熱にも力を入れており、こだわりの断熱材はシックハウス症候群にならないタイプのものを採用しています。
高い断熱性能を保ちつつ健康にも配慮され、更に防音性を発揮し火災にも強いなど、至れり尽くせりな断熱材です。