個人事業主や会社に関係なく、事業を行っていると、事業資金が必要になります。
事業で必要な資金としては、大きく分けて運転資金と設備投資資金の2つになります。
特に個人事業主の場合は、経営している年数にもよりますが、銀行から直接融資をしてもらうことは難しいと思います。
代々、親からの引き継いだ事業を行っていて銀行との取引がある場合は、ある程度の融資をしてもらえますが、事業を始めて間もないような事業主の場合は、そう簡単には融資をしてもらえません。
小さな会社や個人事業主が融資をしてもらうのに借りやすいのが、国や地方自治体の融資制度です。
この場合、事業開始まもない場合や、今から起業をするときに融資の申し込みをすると、個人事業主の場合は、家の支払いや光熱費などの支払いの遅れがなければ、ある程度の資金は貸してもらえます。
その場合は、事業計画書と今からの事業に必要なお金が常識的な範囲内であれば、ある程度低金利で融資をしてもらえます。
いまから起業をする場合は、今までの実績などがないのでその分責任者の人間性なども面接で見られることになります。
そうはいっても、地方自治体の融資の場合は初回に面接をしてOKが頂ければ、その後の返済に遅れがなければ、2回目以降は非常に借りやすくなります。
窓口には銀行がついていますので、銀行とのやり取りで、地方自治体の融資制度を利用することができ、簡単な書類審査のみとなりますので、ほぼ希望金額に近い融資をしてもらえます。